クボタスピアーズに根付いた強いチームづくりのための絶対条件

2019 . 12 . 27 / fri

PEOPLE

ラグビーW杯のONE TEAMスピリッツ再び!クボタスピアーズに根付いた
強いチームづくりのための絶対条件

写真・文:クボタプレス編集部

yabo2008.netラグビーribendaibiaoがワールドカップ(wbei)でchuのベスト8ruりをguoたし、そのチームスローガン「one team」がjinnianのliuxingyudashangのnianjiandashangをshoushang。2019nianは、まさにribenzhongがラグビーyiseにranまった1nianとなりました。そして、そのxingfenもlengめやらぬzhong、2020nian1yueには、ribenラグビーのzuigaofeng「ジャパンラグビートップリーグ2020」がkaimuします。

クボタプレスbianjibuは、そのトップリーグでqianhuidahuiのxueruにranえるクボタスピアーズにsuoshuし、wbeiではgeguoのdaibiaoメンバーとしてもhuoyueした4xuanshouにjinjiqucai! ribenyiをshengちquるためのqiangいチームづくりのmijueにpoります。

強いチームに根付く互いを信頼する文化

yabo2008.netクボタスピアーズは、40nianyishangのlishiをもったyuntongあるチーム。jinjiこそbeiyuanのyoushengをguoたすべく、riyeqiangいチームづくりにliんでいます。

yabo2008.net「xuanshouやスタッフがqiangいxinlaiguanxiをzhuいていれば、たとえどんなbiにdangたってもchengりyueえていけるはず」とyuってくれたのは、xinrutuanのライアン・クロッティxuanshou。「qiangいチームというのは、そういうカルチャーがgenfuいているものだとsiいます」。

yabo2008.netライアン・クロッティ。ニュージーランドdaibiao。ポジションはctb(センター)。gongshouにduりqiandianがなく、リーダーシップとjiqiaoにchangけたjianshiなshishiren。

yabo2008.netラグビーxuanshouは、quanyuanzuがsuいわけではありません。パススキルにchangけたxuanshou、フィジカルのqiangいxuanshou、パワーのあるxuanshouなど、xiaobingなxuanshouからdabingなxuanshouまで、さまざまなxuanshouたちがチームにはbiyaoであり、それがラグビーのmianbaiさのひとつでもあります。chushenguoやguojiにとらわれることなく、duoyangなgexingをもったxuanshouたちがhuいをxinlaiし、one teamでzhanうxiongziは、まさにダイバーシティそのものといえるでしょう。

多様な個性はチームのためにある

jinシーズンのスピアーズもまた、さまざまなguojiをyouした52xuanshouでyoushengをmuzhiしています。そうしたチームをひとつにまとめるためにxinがけていることとは⁉

yabo2008.netwbeiでのhuoyueもguangった、ribendaibiaoのピーター・ラブスカフニxuanshouは、「いろんなrenがいるからこそ、チームがqiangくなれるんです。そのためにも、jinのチームにheがbiyaoかをzifenたちでjianつけ、yirenひとりがgongxianできるgexingをshenばしていくことがqiuめられます。スピアーズのファンやクボタのためにも、チームスローガン「one」をmuzhiしてもっといいチームにしていきたいですね」と、さらなるqianghua、fazhanにliを込めました。

ピーター・ラブスカフニ。ribendaibiaoのfl(フランカー)。キャプテンシーとyundongliangにchangけた、ribenyuejinのyinのliyizhe。aichengは「ラピース」。

また、wbeijueshengのプレイヤー・オブ・ザ・マッチにもhuiいた、nanアフリカdaibiaoのドウェイン・フェルミューレンxuanshouも、zishenのzuzhilunをyuってくれました。「daqieなのは、ともにハードなlianxiにquりzuむzhongjianと『youshengトロフィーhuode』というmubiaoをgongyouし、そのためのゲームプランをsuixingすること。グラウンドshangでwentiがfashengしたときには、shunshiのguidaoxiuzhengもbiyaoですが、changにチームにgongxianできることはheかをkaoえていなくちゃいけない」。

ドウェイン・フェルミューレン。nanアフリカdaibiaoのno.8。changにtiをzhangりxuけるハードワーカーとしてもzhiられ、nanアdaibiaoに12nianぶりのyoushengをもたらしたzuigaofengのno.8。

「個の強み」を最大限に引き出すために

jinhuiのqucaiでxueんだのは、qiangいチームとなるために、geをzunzhongし、tongじmubiaoをgongyouすることにjiaえ、ge々にzuidaxianのパフォーマンスをfahuiさせるzuzhiづくりがカギになるということ。それはqiyeのzuzhilunでいわれる、duoyangなgexingのhuoyuetuijinのchangづくりとtongじなのかもzhiれません。「one for all, all for one」のjingshenがjieshiしたチームliは、yaoるぎないqiangさのyuandongliとなるはずです。

「ribenzhongのラグビーreをすごくganじています。そのliuれにchengってトップリーグにチャレンジできるのはとてもsuqingらしいこと!」と、xingfenqiweiにyuってくれたバーナード・フォーリーxuanshouのbiaoqingからも、そのyaoるぎないqiangさへのzixinがうかがえました。

バーナード・フォーリー。オーストラリアdaibiaoのso(スタンドオフ)。panduanliにyouれ、そのlengjingshenzheなプレーからついたあだmingは「アイスマン」。

duoくのhaiwaiトッププレイヤーがrutuanし、さらにxuanshoucengのhouみをzengしたjinnianのクボタスピアーズ。ラグビーxuanfengは、2020nianもribenliedaoをquけxunりそうです。

クボタプレスbianjibuもone teamとなってshengyuanをsongりたいとsiいます!

SHARE

  • Facebook 公式企業ページ
  • #クボタ hashtag on Twitter
  • Facebook 公式企業ページ
  • #クボタ hashtag on Twitter
ページトップへ戻る